AKA施術

AKA施術

痛みの根本原因は関節にあるかもしれません。
「脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」

手術に踏み切る前にぜひ一度当院で診断と治療を

こんな症状はありませんか

  • 脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア、病院で手術が必要と言われたがどうしても回避されたい方。
  • 病院で痛み止めの薬を飲んでも、注射をしても改善されない方。
  • いくつかの整骨院・整体に通ったが改善されなかった方。
  • 手術をしても痛みが改善されなかった方。
AKA治療で改善しやすい症状

触れられているだけの感触の
最新のAKA施術で改善できるかもしれません

なぜ病院で手術が必要と言われたのに、回避できる可能性があるのか。

 腰に痛みやしびれを感じて病院へ行くと、レントゲンやMRI検査を行います。診断画像上で”背骨”に異変が認められれば、脊柱管狭窄症もしくは腰椎椎間板ヘルニアと診断されます。そういった症状の際、まずは薬で処方をしますが、それでも痛みが続く場合にはいずれ手術を勧められることになります。ただ、痛みが消えるとはいえ誰もがメスをいれる手術などは避けたいと思うはずです。また、手術をして痛みが改善される方もいますが、うまく改善されないケースもあります。なぜかというと、痛み自体の根本原因が診断画像上に見える脊柱管の狭窄による神経圧迫(脊柱管狭窄症)や椎間板からのゼラチン状の物が突出することによる神経圧迫(椎間板ヘルニア)が原因でなく、関節にある可能性が高いからです。

AKA施術で適切な診断を

 本当に手術が必要かどうかを判断するには、AKA施術で関節にアプローチして関節に原因があるかどうかを検査する必要があります。施術を行い、1~2週間後に痛みが改善されていれば、それは背骨の狭窄、ヘルニアといった症状による痛みが原因ではなかったことがわかります。それは=(イコール)関節(仙腸関節、肋椎関節)に原因があったということになり、手術をしなくてもAKA施術により改善される可能性があります。実際、腰の痛みの根本原因が関節にあり、手術を回避できたという患者さまが非常に多く見られているのが現状です。

AKA施術(関節運動学的アプローチ)

それは関節を本来の動きに戻し、痛みを取り除く施術

 AKA施術は動きが悪いために痛みが発症している関節(※腰痛の場合は仙腸関節、肋椎関節)に手技で刺激を与え、関節本来の正しい機能を引き出す技術です。関節機能が改善することで、痛みやしびれが消えていきます。

なぜ関節へアプローチするか

 関節には、関節自体を包んでいる袋のような「関節包(かんせつほう)」と言うものがあり、その関節包を優しく調整することにより関節の動きがスムーズになり、動きが改善していきます。動きが改善すると痛みが激減します。腰痛の場合は特に仙腸関節という体の中心にある骨盤部分の関節包を中心にアプローチしていきます。

【※関節包】関節と関節の間にある潤滑油(滑液)の入っている袋であり、関節を上手く動かす為に重要な役割を担っています。

AKA施術

治療のプロセス 関節>筋肉>神経

なぜ最初に関節にアプローチするのかというと、関節に痛みの原因があれば、それは非常に短期間(治療直後から2週間程度)で改善できるからです。もし、関節の機能を改善しても痛みが消えないのであれば、その次は筋肉の内部(細胞レベル)にAKS施術でアプローチをかけて原因の追求、治療を行います。それでも改善しない場合は脊柱管(せきちゅうかん)の入っている脊柱の湾曲づくりなどを行い、神経への圧迫を取り除いていきます。まずは関節(AKA施術)、そして改善しなければ筋肉(AKS施術)、それでも改善しなければ神経へアプローチしていく順序となります。

AKA施術のメリット

従来の関節治療と違い「痛みがなく安全・効果持続」

 従来の関節治療だったカイロプラクティックや整体、マッサージは、関節や筋肉に強い刺激を与えるため、それらの箇所に負担がかかり、治療後の重だるさ、痛みの再発など安全面でも不安を抱えていました。それらの治療に比べAKA施術は触られている程度の非常に低刺激なソフトタッチで行うため、痛みが苦手な方、妊婦さんでも問題ありません。またこれまでの治療法と違い、AKA施術は関節包にアプローチするため、短期間で効果があり、またその効果も持続されると言われています。

実際の施術方法

  1. まず、AKAをどのようにかければ良いのかをチェックします。
    膝を胸に抱え込む体勢や膝を開く体勢で、痛みや引っ掛かり感、可動域の左右差、あるかをチェックします。
  2. 患者さまに骨盤が調整しやすい膝を揃えて横向きになる体勢になってもらいます。
  3. 患者さまの左右の仙腸関節に(1)での検査結果が改善する方向にソフトタッチで手技(AKA)をします。
  4. AKA施術にもう一度、膝の抱え込みテスト、膝の開きテストをして改善の様子や次の治療法を検討します。
実際のAKA施術方法(01)
実際のAKA施術方法(02)
実際のAKA施術方法(03)
実際のAKA施術方法(04)

患者さまにあった施術・強さを

AKAへの学び
 私は柔道整復師という3年間の学校で医療を学んだ国家資格者でありますが、残念ながらAKA博田法を学べる環境ではありませんでした。ただ、私は本物のAKAを学びたく博田法専門病院で治癒率ナンバー1の山内義弘先生が20年かけてAKA博田法をさらに進化させた最新の治療法を学ばさせていただきました。それ以外にも私自身は他のベテラン先生からもAKAを学び、それぞれのやり方、強さの違いなど4つのやり方を学ばせて頂き、患者さまにあった施術・強さを確立することができるようになりました。

推薦文:AKA博田法専門病院で治癒率ナンバーワン 山内義弘先生(AKS治療スタジオ)「西川先生なら何とかしてくれる」

 西川先生は他院を圧倒するAKA技術を持っていながら、痛みで困っている患者様をもっともっと治したいという向上マインドと技術力を持っています。きっと、そんな彼の魅力に惹かれ、多くの患者さまが溢れているのでしょうね。常に準備を怠らず、私が知る中で一番の患者さまファーストの先生です!特にどの治療院よりも【丁寧】【安心】【誠実】この3つの強みに加えて、痛みの原因を明確にする診断力と難治性の痛みでも改善出来る施術力を備えています。どこに行っても何をしても治らない痛みでお悩みの方は、ぜひ東京あきる野市の「レッツゴー整骨院」へ行くべきです。西川先生ならあなたの悩みを必ず何とかしてくれますよ。

◇AKS治療アカデミー【山内義弘】
https://academy.aks-therapy.co.jp

AKAの歴史

1970年代アメリカ人のマックコーネル医師が関節の中の微妙な骨の動きを研究解明しました。その後メンネル(米国)やケルトンボーン(ノルウェー)が関節包内運動の正常化を目的とした治療法を研究し「痛みのほとんどは関節内の2つの関節面が骨運動に対して正常に動かないために起こる」と説明した。それらをベースに日本にて、アメリカの大学の講師や国立大阪南病院理学診療科医長を務めた博田節夫医師が研究開発した関節運動学的アプローチした運動療法が(AKA博田法)AKAであります。そのAKA博田法は、医師や理学療法師にしか学べない医学会の仕組みになっております。

もし、AKA(関節施術)で改善しなかった場合はAKS(筋細胞リリース)を

 AKA施術は関節施術であると同時に診断でもあります。もし、施術を行い痛みが消えない場合は関節に原因があるのではなく、根本原因は筋細胞にある可能性があります。そのため、当院ではAKA施術で改善が見られない場合は、AKS施術で筋肉の内部(細胞レベル)にアプローチします。

AKS施術についてはこちらをご覧ください。

本当に大切なこと

痛みのない楽しい生活を送り、元気に趣味や旅行も楽しんで頂きたい

 私自身も30歳の時に難病(潰瘍性大腸炎)にかかり、入退院を繰り返して手術も考えましたが、現在は手術もせず、薬も何も飲んでいません。好きな事を積極的にさせて頂いております。いろいろな治療を何年も試しました。そして私の体にあった治療法や食事療法があったのです。

 AKAは腰痛の分野ですが、私はAKAという素晴らしい技術で、なかなか取れない痛み、しびれを改善し、痛みのない楽しい生活を楽しんで頂きたいと思っています。正直、私のAKAで改善しない方もいるかもしれません。ただし、それでも腰の関節が原因ではなかったということがわかりますので、違う治療を選択していけば良いと私は思っています。沢山、治療法がありますが、手技による施術AKAもあなたの選択肢の一つに入れて頂ければ幸いです。

院長 西川 剛

院設備・併設施設 のご紹介

IT0910超音波&ハイボルテージ治療器

IT0910超音波&ハイボルテージ治療器

超短波の治療器で、施術に必要に応じて使用します。温熱療法、筋の神経再教育、手技で届かない深部の筋委縮を改善、治癒を促進します。

アイトレ

アイトレ

日本唯一の眼筋トレーニングマシン。スマホ・パソコンによる眼精疲労や、それに起因する諸症状でお悩みの方にオススメ。

酵素風呂

酵素風呂(女性限定)

冷え改善、女性特有の月経不順ケア、腰痛、肩こりなど痛みの軽減、免疫アップ、代謝アップ、体質改善、ダイエットなど。また、体が温まることにより血流促進、発汗力アップも図ります。

ぜひ、一度お越しください

「病院に行っても改善しない」「手術が必要と言われた」
ぜひ、一度ご相談ください。

整骨院について

整骨院について

当院のご紹介。院長のプロフィールや当院のコンセプトや設備。また診療日や受付時間、当院までのアクセスなどの情報はこちらをご覧ください。

対応症状

対応症状

当院は腰痛に強い整骨院です。脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、慢性腰痛でお悩みの方、お気軽にご相談ください。もちろん腰痛以外の症状も受け付けています。

料金について

料金について

当院の料金についてはこちらのページをご覧ください。初診の方に限り、WEB予約で初回検査費用(5,000円)免除があります。

お客様の声

お客様の声

これまでに当院で施術を受けて頂いた一部の患者さまの感想です。個人差はありますが、参考にしてください。

受付時間

時間
AM 08:00 - 11:30
PM 14:30 - 18:30
土曜:08:00 - 12:30 休診:日曜・祝日

当院基本情報

  • レッツゴー整骨院
  • 電 話:042-588-5355
  • 最寄駅:武蔵五日市駅(徒歩約8分)
  • 住 所:東京都あきる野市五日市213-6
  • ※駐車場完備 [地図・アクセス情報]

PAGE TOP